サッカー ユニフォーム 可愛い 着こなし

通算7代目のユニフォームは従来の「黄色×黒」のカラーリングは変わりないが、1995-96年カップ戦モデル以来(リーグ戦用では初めて)、「赤」がアクセントカラーとして採用されている。交通機関が未発達だった当時、たとえば関西の選手を東京に呼んで合同合宿をすることは難しかったのだ。現在では海外クラブ所属も含めて、日本国籍を持つすべての選手の中から選抜されるのが当たり前になっているが、1921年に日本サッカー協会が結成された当時は「全日本選抜」結成は不可能だった。

だが、1920年代までの歴史を考えれば、代表の中核を担った東京帝大のユニフォームをそのまま使ったというのは大いにありえることだ。当時、関東大学リーグで6連覇を達成しようとしていた日本最強の東京帝国大学(東京大学の前身)のユニフォームがブルーだったという理由だ。  実際、この大会で日本(全日本選抜)はフィリピンに快勝し、中国とは3−3で引き分けて同時優勝。

しかし、ユニフォームは早稲田のエンジではなく、1930年に初の国際タイトルを獲得した時と同じブルーが使われており、ベルリン五輪の成功によって「ブルー」は日本代表のカラーとして完全に定着した。右袖にはAKB48 のエンブレムをあしらい、胸番号、背番号にはサッカー日本代表と同じ書体で「48」をマーキング。  日本代表は1936年のベルリンオリンピックに出場し、のちの1938年ワールドカップでベスト4位に入る強豪スウェーデンを破る快挙を成し遂げたが、この時の日本代表は早稲田大学主体の選抜チームだった。

1927年の上海大会で日本は初めてフィリピンに勝利したが、この時は国内予選に勝った早稲田大学が出場したので、早稲田のエンジのユニフォームで戦っていた。  その後も日本は極東選手権大会で中国やフィリピンと戦うのだが、1920年代は大会前に国内予選が行なわれ、優勝したチームが日本代表として派遣された(他のクラブから補強選手を何人か入れて戦うことが多かった)。

 しかし、日本でも少しずつサッカーが盛んになってきた1930年の極東選手権大会は、東京の明治神宮外苑競技場で開催された。現在の国立競技場がある場所だ。  結成された日本代表チームは、現在の東京都練馬区の石神井にあったグラウンドで合宿を行ない猛特訓に励むのだが、当時の写真を見ると多くの選手が胸に「帝大」の文字が入ったブルーのユニフォームをそのまま着用している。

%link%詳細については、当社のウェブサイトをご覧ください。